いよいよ

いよいよです!

1年に1度のF1日本グランプリ”鈴鹿”

昨年は圧巻のオーバーテイクショーを披露した可夢偉が

さらに1年ザウバーでエースに成長し堂々の凱旋レースです!

夏場以降は、マシンのアップデートもそれほど進まず、また戦略ミスなどもあり

苦戦が続いておりますが、ここ鈴鹿ではどうしても期待してしまいます。

昨年のヘアピンでの5度のオーバーテイクもそうですが、そこまでのアプローチがとにかく素晴らしいです。

スタートからゴールまでレースを組み立てる能力はトップドライバーと遜色ないと思います。

そのクレバーさで今年はどんなサプライズを演出してくれるか、今からとても楽しみです。

12025[1]_convert_20111006195656

左上から、ヘイキ・コバライネン(チームロータス)、ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)、ジェローム・ダンブロジオ(ヴァージン)
ジェンソン・バトン(マクラーレン)、小林可夢偉(ザウバー)、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)

トップの2人に挟まれても雰囲気はありますね!

期待してしまいます。

フリー走行1回目は明日7日(金)午前10時からです。