遂にF1が開幕しました!
見事に勝利したのはキミ・ライコネン。
まだまだ先の展望は早すぎますが、今年もタイトなチャンピオン争いを予想してます。

タイヤの使い方が抜群のライコネンが他のトップチームが3ストップ戦略でいく中2ストップを決めて見事に完勝。後半にはファステストラップも決めパーフェクトウィン。予選こそ7番手でしたが、決勝の戦略がはまり、そして予選もそれほど無理せずという所がクール。それだけマシンが決まっていたという事にもなるのでしょうが。

予想外の苦戦を強いられたレッドブルは今週末のマレーシアでもう少し戦闘力が測れると思います。タイヤのライフが持ちませんでしたね。メルボルンでは。

マクラーレンに至ってはニューマシンが現段階ではトップに加わることが出来ず、どこから巻き返してくるのか気になる所です。昨年型マシンに替える話も有りますが、どうなるのでしょうか?今週末は連戦になるのでオーストラリアと同一シャシーかとは思います。

フェラーリは良くなりました。ここ数年は開幕でいつも出遅れていた感が強いので、開幕戦の結果は今後におおいに期待の持てる強力な内容とパッケージだったのではないでしょうか。マッサは4位に満足はしていないみたいですし!

ロータスは、いいですね。マレーシアで荒れた天候の予選にならなければ予選からのスピードも確認できるのではないでしょうか。メインスポンサーなどの問題もありますが、2名のドライバーが好結果を出し続ける事が出来れば大口スポンサーもきっと・・・。

メルセデスも嬉しい驚きを提供してくれました。マクラーレンの上、メルセデスエンジン勢では一番速かったですから。ドライバーラインナップも強力ですね。ハミルトンとロズベルグ。チーム体制、ドライバーともにトップチームです。後はシーズンを通して速さが一貫していけばタイトル争いも可能かもです。

ザウバーは、まだわかりません。エースのニコがスタート出来ずに終わっております。ルーキーのグティエレスで評価するのは難しいでしょう。マレーシアで戦闘力の確認ですね。全チームの中でもトップレベルで攻めたマシンを作ってきているのでどうしても気になります。
そしてそして、大いなる驚きはスーティル!ほとんどテストもせずぶっつけ本番に近い状態で1年ブランクがあったにも関わらず一時はトップを快走する活躍。速さは一級品であることを再認識致しました。ディレスタとのコンビも2回目。定評のあるドライバー同士で中堅グループでは限りなくトップに近い位置にいると思います。

そして、もう一人!注目の開幕戦を戦ったのがマルシャからデビューしたジュール・ビアンキ。フェラーリアカデミー出身のフランス人は、下位グループに位置しているので目立ちませんが、素晴らしい結果を持ち帰りました。ビアンキも開幕直前になって急遽シートを得た事を考えるとポテンシャルは半端ないでしょう。フォース・インディアでもテストでスーティルと変わらないくらいのタイムも刻んでいましたし。今年の大型ルーキーは、ウィリアムズのボッタスとこのビアンキにもぜひご注目!いずれはフェラーリですかね。。。

さてさて、そんな開幕戦で感じた結果ですがあくまでも一個人の感想であります。
が!しかし!!その中で優勝したライコネン!!なぜ!
熱くなってしまうかと言いますと。
1979年生まれだからなのです。(※一緒なだけです。。。)
フェラーリでチャンピオンを獲得した時は嬉しかったですね〜!
あれは2007年。
今年のライコネンは、カーナンバー7
開幕戦のグリッドは7
う〜ん、ラッキー7

さあ!そんな明日は3月21日!!
そうです!アイルトン・セナの誕生日です。
で、大安でありま〜す

ありがとうございます。