ホーム > アストンマーチンDB6 Mk1

アストンマーチンDB6 Mk1


売却済 

DB6は、アストンマーチン・ラゴンダが1965年10月から1970年11月まで生産していたグランツーリスモであり、DB5の後継モデルである。

1963年のル・マン24時間レースに参戦したDP214/DP215で効果が確認されたカムテールが採用されるとともに、ホイールベースがDB4およびDB5に比べ95mm延長された2,585mmとされた。

また、ドロップヘッド・クーペには、ヴォランテという呼称が用いられた。1969年7月には、後継モデルのDBSの部品を組み込んだ「DB6 Mk2」に進化した。

2011年4月29日に行われた、ウィリアム王子キャサリン妃の結婚披露で、バッキンガム宮殿から公邸までの移動にブルーメタリックのDB6Mk2ヴォランテが使われ、ライセンスプレートも、JUST WEDに掛けたJU5T WEDという凝ったものだった。

 

SPECIFICATION

車名ASTON MARTIN DB6 Mk1
グレードDB6 Mk1
生産国UK
年式1967 年
車検なし
ボディカラーブリティッシュレーシンググリーン
内装グリーン革
ミッション5MT
ハンドルLHD
排気量4000 cc
過給器NA
燃料ガソリン
サイズ4620 x 1680 x 1320 mm
乗車定員4 人

アストンマーチンDB6 Mk1について問い合わせる

Limited Edition


  • 695 Rivale
  • 595Performance Package II
  • 124Spider 2 anniversary
  • 595/595C MT LIMITED