ホーム > アルファロメオ 4C ローンチ・エディション (CAR GRAPHIC 長期テストレポート使用車輛)

アルファロメオ 4C ローンチ・エディション (CAR GRAPHIC 長期テストレポート使用車輛)

CAR GRAPHIC の長期テストレポート車輛として使用された アルファロメオ4Cローンチエディションの入庫です。2014年12月11日 弊社お台場ショールームにおいてアンヴェール・セレモニーを行いました。 当日は平日の夜にもかかわらず70名の読者が集い、約2時間に渡り盛り上がりました。毎月 順調に走行距離を増やしていき今日に至っています。納車後の整備は全て弊社が担当しており入念な整備を行って参りましたので、ご安心してお乗り頂く事が可能です。

カーボンファイバー製モノコックセルとアルミニウム製サブフレームを組み合わせた軽量な車体に、直列4気筒の1750直噴ターボ・エンジンをミドシップ・マウントし、乾式デュアルクラッチ6速トランスミッション「Alfa TCT」を介して後輪が駆動します。アルファ ロメオ チェントロ スティーレによってデザインされたSMC(シート・モールディング・コンパウンド)製の短くワイドで低いボディは、イタリア・モデナのマセラティ工場で製作されました。エンジンは、アルミ製ブロックを持つ新開発ユニットであり、排気量はジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデと同じですが性能は従来型を凌ぎ、最高出力240ps/6,000rpm・最大トルク35.7kgm/2,100-4,000rpmを発揮します。これにより、乾燥重量950kgの4Cは0-100km/hを4.5秒で加速し、最高速度は258km/hに達します(欧州仕様の参考値)

シャシーには軽くて「他の素材では考えられない」という強度を持つカーボン・モノコックを採用し、エンジンはアルミブロック化で22kgの軽量化を達成し、Alfa TCT ギアボックスには新しい制御ソフトウェアと専用クラッチディスクを導入し、シフトチェンジに要する時間がさらに短縮を可能にしました。サスペンションはフロントがモノコックに直接取り付けられたダブルウィッシュボーン。リアはマクファーソンストラット式となり、前後重量配分は前40:後60。露出したカーボンファイバーや、アルミ製のスイッチ、液晶ディスプレイ、ドライバー側を向いたコンソールなどの「ヤル気モード」を高める演出は見事です。極めて低い着座位置や、カーボン樹脂にマットを敷いただけのフロアなどは、走り出さなくても気持ちが高揚します。ナビ、ETC、バックカメラ、などの快適装備も装着済みです。

※ 17インチ ホイールを装着していますが、18インチ純正ホイール&タイヤも付属致します。

SPECIFICATION

車名アルファロメオ
グレード4C ローンチエディション
生産国ITALY
年式2014 年
走行距離52000 km
車検平成31年12月
ボディカラーコンペテツィオーネ・レッド
内装ブラックレザー & アルカンタラ
ミッション6AT
ハンドルLHD
排気量1740 cc
過給器turbo
燃料ガソリン
サイズ3990 x 1870 x 1180 mm
乗車定員2 人

アルファロメオ 4C ローンチ・エディション (CAR GRAPHIC 長期テストレポート使用車輛)について問い合わせる

Limited Edition


  • 595/595C MT LIMITED