tel

メールマガジン配信について

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報を定期的にお届けします。
メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

ガレージ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



tel

フィアット アバルト 750 GT ZAGATO

POA (税込).

 POA (税込)
年式 走行距離 車検 排気量
1957 2年付 740cc
km 年月 cc
ボディカラー ロッソ ハンドル LHD サイズ 3410×1340×1160mm
内装 ネロ 最高出力 70ps 乗車定員 2人
ミッション 4MT      
年式 走行距離 車検 排気量
1957 2年付 740cc
km 年月 cc
ボディカラー ロッソ
内装 ネロ
ミッション 4MT
ハンドル LHD
最高出力 70ps
サイズ 3410×1340×1160mm
乗車定員 2人

1957年 フィアットアバルト 750GT ザガート

このクルマの正式名称は大変長く、「フィアット・アバルト・デリバツィオーネ 750 グランツーリズモ・ビアルベーロ・ザガート」となります。ベースモデルはフィアット 600を使用し、トリノのスクーデリア・アバルトのマジックパワーとカロッツェリア・ザガートのボディワークで生まれたのが750ザガートGTです。エンジンはフィアット600 の633ccユニットを利用して、シリンダーを僅かに拡大、ストロークを56mmから64mm伸ばしたクランクを組み込むことにより、ノーマル比18%アップの749ccまで排気量を拡大しています。ボディはアルミ製であり、特徴的なダブル・バブル・ルーフを特長としており、後年のレコルト・モンツァになるとこの個性的なルーフではなくなり、通常のルーフになってしまいます。ドアに内蔵されているアルミ削り出しのアウタードアハンドルは、1990年台後半から2000年台前半に生産されたフィアット・バルケッタで再現されています。ルーフと共に特長的なリアエンジンフードですが、大量のエア導入というアバルトの要求に対してのアバルトからの回答が、この巨大なエア・スクープ状のエンジンフードです。実車に搭載されているエンジンはアウトビアンキA112のエンジンとなり、前オーナー様のセンスで最高の走りを体感できるコンディションに仕上げられています。全ての操作系はスムーズに機能し、ドライブする楽しさの虜になります。初期に搭載されていたエンジンも付属致します。エンジン内容は、ブロックとヘッドはフィアット600用、クランク、ピストン、カムはフィアット850用で構成されています。

 

The official name of this car is very long: “Fiat Abarth Delivazione 750 Gran Turismo Bialbero Zagato”. The base model is a Fiat 600, and the 750 Zagato GT is the result of the magic power of Scuderia Abarth of Turin and the bodywork of Carrozzeria Zagato. The engine uses the 633cc unit of the Fiat 600, but with a slightly enlarged cylinder and a crank with a stroke increased from 56mm to 64mm, the displacement is increased to 749cc, 18% more than normal. The body was made of aluminium and featured the characteristic double-bubble roof, which was replaced by a more conventional roof on later Recolto Monzas. The machined aluminium outer door handles integrated into the doors are reproduced on Fiat Barchetta models produced in the late 1990s and early 2000s. Along with the roof, the rear engine hood is a feature of the car and is Abarth’s answer to the requirement for a large air intake. The engine in the car is an Autobianchi A112 engine, and the car has been kept in excellent condition by the previous owner to give the best driving experience. All the controls work smoothly and the car is a joy to drive. The original engine is also included. This engine consists of a Fiat 600 block and head, and a Fiat 850 crank, pistons and camshafts. 

このページをプリント