tel

LANCIA FULVIA SPORT ZAGATO

POA (税込).

POA (税込)
年式 走行距離 車検 排気量
1969,1971(推定) 1584
km 年月 cc
ボディカラー ハンドル LHD サイズ
内装 最高出力 乗車定員 2人
ミッション      
年式 走行距離 車検 排気量
1969,1971(推定) 1584
km 年月 cc
ボディカラー
内装
ミッション
ハンドル LHD
過給器  
燃料  
サイズ
乗車定員 2人
付属品  

「アルミボディならではの魅力」

シャシーNo. 002450(写真手前)は、かつてジャーナリスト、フェラーリのチームマネージャーも務め1968年のデイトナ24時間でフェラーリ 1-2-3フィニッシュを実現させたフランコ・リーニ氏の愛車でした。ある日、フランコ氏は取材の際に何度か乗っていたフルビア・スポルト・ザガートの楽しさを気に入り、ランチアに直接売ってくれないかと聞いたそうです。この要望に対しランチアは、工場の片隅に置いてあったレース用ボディ(シリーズ1の希少なアルミ製)とエンジン(1298cc)、足回りを組み1970年2月彼に提供しました。街乗り用に改良しながらその軽さを楽しんでいましたが、ある日1気筒がブローしてしまい、ランチアによって1600ccエンジンに換装されています。アルミボディ特有の儚い魅力を感じられる1台です。

 

「気軽に走って楽しめるスポルト」

レーサーと呼ばれているこの1台(写真奥)は1.3S スポルト(S2)をベースにしながら、1969年 デイトナ24時間で優勝したNo.0019911のエクステリアをコピーしているものです。現オーナーの発案で製作されたため、現状ワンオーナーで大切に保管されてきています。1995年頃、すでに日本にあったNo.002450を隣に置きながら製作が進められ、およそ1年半~2年の月日がかけられました。エンジンもデイトナ仕様と同様にするため、1298ccから1584ccにファインチューンされています。クラッチはツインプレートのメタル、トランスミッションはヒューグランド製 ドグミッションという組み合わせで作られています。速く走るというよりは耐久性を目指しており、国内でのイベントにも参加しやすい車に仕上がっています。

このページをプリント


同じメーカーの販売車両