ホーム > ランチア フルビア ラリー クーペ 1.3S

ランチア フルビア ラリー クーペ 1.3S

 フルビア1.3Sが久しぶりに入庫しました、こちらの車輛のメンテナンスは日本へ輸入されて以来、弊社にて行わせて頂いておりました。内外装及び機関関係は良好なコンディションです。ランチア自社デザインのボディに積まれているエンジンは 狭角4気筒 DOHCの1300cc(92PS)をFWDで駆動。当時装着されていた、ダンロップ製ディスクブレーキはとても斬新な装備でした。後年、このコンパクトなボディとFWDを武器としてHFに進化していき、チェザーレ・フィオリオ率いるワークスチーム「HF スクアドラ・コルセ」の手に委ねられて、1971年にはヨーロッパ・チャンピオンを獲得しました。現在では、日本国内はもとより、イタリアにおいても、「HF仕様」などにリメイクされている車輛が多く、現車のように、スタンダードな状態のストラダーレ仕様の台数は極端に少なくなっています。1.3Sは、スタンダードに比較して車重は約40Kg軽く、約3馬力UPしています。ステンレス製の前後バンパー、モール類も良好です。上質なシートデザインや、メーターパネルには妥協を許さないランチアの精神がとてもよく表現されています。イタリア国内で行われたリペア部分のプリント画像も添付されています。是非、実車をご覧下さい。

 

 

 

SPECIFICATION

車名ランチア
グレードフルビア ラリークーペ 1.3S
生産国ITALY
年式1968 年
車検平成31年6月
ボディカラービアンコ
内装ビスケットレザー
ミッション4MT
ハンドルLHD
排気量1290 cc
過給器NA
燃料ガソリン
サイズ3970 x 1570 x 1290 mm
乗車定員4 人

ランチア フルビア ラリー クーペ 1.3Sについて問い合わせる

Limited Edition


  • 595Performance Package II
  • 124Spider 2 anniversary
  • 595/595C MT LIMITED