tel

メールマガジン配信サービスについて

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報を定期的にお届けします。
メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

ガレージ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



tel

アルファロメオ RZ

POA (税込).

 POA (税込)
年式 走行距離 車検 排気量
1993 7530 2年付き 2995
km 年月 cc
ボディカラー ジアッロ・ジネストラ ハンドル LHD サイズ 4060 x 1730 x 1310 mm
内装 ネロレザー 最高出力 乗車定員 2 人
ミッション 5MT      
年式 走行距離 車検 排気量
1993 7530 2年付き 2995
km 年月 cc
ボディカラー ジアッロ・ジネストラ
内装 ネロレザー
ミッション 5MT
ハンドル LHD
過給器  
燃料  
サイズ 4060 x 1730 x 1310 mm
乗車定員 2 人
付属品  

ミラノのカロッツェリア・ザガートでデザインされたSZ&RZ(ES30)は、アクの強いエクステリアデザインから「イル・モストロ」(イル・モストロ「怪物の意」)というあだ名を付けられました。エンジンは75にも搭載されていた2,959ccV型6気筒12バルブエンジンであり、出力は75の188HPに対して210HP/6,200rpm1、最大トルク25.0kgf・m/4,500rpmというスペックは当時のアルファロメオでは最もパワフルなモデルでした。トランスミッションは5速MT、駆動方式はトランスアクスルFRとなります。サスペンションは75のグループA仕様車と同型のものを、ランチアのラリーチームに所属するエンジニアであったジョルジオ・ピアンタが改良を施し、搭載しました。ハイドロリックシステムはオランダのKONI製となります。RZはSZのルーフを切っただけの安易なモデルではなく、SZのようにフロントバンパー左右の下部が頻繁に路面に接触させない為、RZに装着されているバンパーの同部位は若干薄く製造されていたり、デザイン上のバランスと安全面からフロント・スクリーン上部を5㎝カットしており、このスクリーンを取り巻くピラー内部も補強され、ロールバーの役目を担っています。製造はミラノのザガート・ファクトリーで行われ、プラスチック製のボディパネルはイタリアのカープラスト社とフランスのストレイタム社が製造を行っていました。SZは1991年に生産終了となり翌年1992年から19939月まで行われました。350台の限定生産の予定でしたが、278台で終了してしまいました。どのクルマにも似ていない孤高のデザインであるRZです。なお、こちらの車両のボディカラーはオリジナルです。

 

Designed by Carrozzeria Zagato in Milan, the SZ&RZ (ES30) was nicknamed “Il Mostro” (meaning “the monster”) because of its acrid exterior design. Its engine is a 2,959cc V6 engine which was also used in the 75. The output is 210HP/6,200rpm1 compared to the 75’s 188HP, and the maximum torque is 25.0kgf-m/4,500rpm, making it the most powerful Alfa Romeo of the time. The transmission is 5-speed MT and the drive system is transaxle FR. The suspension is the same as that of the 75 Group A car, but modified by Giorgio Pianta, an engineer with the Lancia rally team.

 

RZ is not a simple car with the roof cut off from the SZ, the lower part of the front bumper is made slightly thinner so that the lower part of the front bumper does not come into contact with the road as often as on the SZ. The top of the front screen has been cut by 5cm for balance and safety reasons, and the pillars surrounding the screen have been reinforced to act as a roll bar. The SZ was produced at the Zagato factory in Milan, with plastic body panels produced by Carplast in Italy and by Stratem in France. It was intended to be a limited production run of 350 cars, but only 278 were produced. The RZ is a unique design, not similar to any other car. This body colour is original one.

このページをプリント