tel

アルファロメオ RZ

POA (税込)
POA (税込)
年式 走行距離 車検 排気量
1993 7530 2年付き 2995
km 年月 cc
ボディカラー ジアッロ・ジネストラ ハンドル LHD サイズ 4060 x 1730 x 1310 mm
内装 ネロレザー 最高出力 乗車定員 2 人
ミッション 5MT      
年式 走行距離 車検 排気量
1993 7530 2年付き 2995
km 年月 cc
ボディカラー ジアッロ・ジネストラ
内装 ネロレザー
ミッション 5MT
ハンドル LHD
過給器  
燃料  
サイズ 4060 x 1730 x 1310 mm
乗車定員 2 人
付属品  

ミラノのカロッツェリア・ザガートでデザインされたSZ&RZ(ES30)は、アクの強いエクステリアデザインから「イル・モストロ」(イル・モストロ「怪物の意」)というあだ名を付けられました。エンジンは75にも搭載されていた2,959ccV型6気筒12バルブエンジンであり、出力は75の188HPに対して210HP/6,200rpm1、最大トルク25.0kgf・m/4,500rpmというスペックは当時のアルファロメオでは最もパワフルなモデルでした。トランスミッションは5速MT、駆動方式はトランスアクスルFRとなります。サスペンションは75のグループA仕様車と同型のものを、ランチアのラリーチームに所属するエンジニアであったジョルジオ・ピアンタが改良を施し、搭載しました。ハイドロリックシステムはオランダのKONI製となります。RZはSZのルーフを切っただけの安易なモデルではなく、SZのようにフロントバンパー左右の下部が頻繁に路面に接触させない為、RZに装着されているバンパーの同部位は若干薄く製造されていたり、デザイン上のバランスと安全面からフロント・スクリーン上部を5㎝カットしており、このスクリーンを取り巻くピラー内部も補強され、ロールバーの役目を担っています。製造はミラノのザガート・ファクトリーで行われ、プラスチック製のボディパネルはイタリアのカープラスト社とフランスのストレイタム社が製造を行っていました。SZは1991年に生産終了となり翌年1992年から19939月まで行われました。350台の限定生産の予定でしたが、278台で終了してしまいました。どのクルマにも似ていない孤高のデザインであるRZです。

このページをプリント