tel
classic

現在表示する商品はありません。

>>MORE

メールマガジン配信中!

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報をお届けします。(不定期)メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

ガレージ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



tel

アルファロメオ ジュリア スプリント スペチアーレ

成約済 (税込).

 成約済 (税込)
年式 走行距離 車検 排気量
1964 不明 令和7年7月 1.57
km 年月 cc
ボディカラー シャンパンゴールド ハンドル LHD サイズ 412×166×129cm
内装 ブラック 最高出力 110hp@6.500 rpm 乗車定員 4人
ミッション 5MT      
年式 走行距離 車検 排気量
1964 不明 令和7年7月 1.57
km 年月 cc
ボディカラー シャンパンゴールド
内装 ブラック
ミッション 5MT
ハンドル LHD
最高出力 110hp@6.500 rpm
サイズ 412×166×129cm
乗車定員 4人

航空機のようなボディを持つ“スプリントスペチアーレ”。ベルトーネによる実験的なショーカー B.A.T.シリーズを彷彿とさせますが、どちらも手掛けたのはフランコ・スカリオーネです。彼が1957年にSSのためにデザインしたオリジナルのエアロダイナミクス・スタイリングは、低く細長いノーズ、トランクリッドとつながる傾斜したリアウインドスクリーン、スクエアオフのテールなど、特徴的なディテールを数多く持ち、その繊細な曲線美はミッドセンチュリーの芸術品としてその真価を発揮しています。

 

先代のジュリエッタSSと多くの共通点を持つジュリアSSは、ジュリエッタのエンジンよりも大きい1,600ccの4気筒エンジンを搭載し、1963年のジュネーヴショーでデビュー。同年末に生産が開始されました。排気量が大きくなったエンジンは、アメリカにおける市場を意識したものです。ジュリアになり外観はほとんど変更されていませんが、インテリアにはすこし変更が加えられ、ダッシュボードやインパネ周りは新しいデザインになりました。1965年まで約1400台のジュリアSSがラインオフされ、ジュリア・スプリントGTにバトンタッチされました。

 

当車両は1998年に日本に輸入されたジュリアSSです。シャンパンゴールドのボディが非常に美しいですが、オリジナル色ではありません。また、エンジンはTI 1.6のエンジンに換装されています(AR00514)。5年程前にエンジン、トランスミッション、キャブはOH済、全体としてセミレストア済です。これほどゴージャスなクルマは見たことがないと思えるほど優美な風格を放っていますが、日常使いされていたSSですので、気兼ねなくSSを楽しみたいという方におすすめです。

このページをプリント


同じメーカーの販売車両