tel

メールマガジン配信について

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報を定期的にお届けします。
メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

ガレージ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



tel

デルタ HF インテグラーレ 8V

売約済 (税込).

 売約済 (税込)
年式 走行距離 車検 排気量
1988年 65,000km 無し 2000cc
km 年月 cc
ボディカラー Bianco ハンドル LHD サイズ 3900mm×1695mm×1380mm
内装 Grigio alcantara×Missoni 最高出力 最高出力:185ps/5300rpm 最大トルク:31.0kgm/3500rpm 乗車定員 5人
ミッション 5MT      
年式 走行距離 車検 排気量
1988年 65,000km 無し 2000cc
km 年月 cc
ボディカラー Bianco
内装 Grigio alcantara×Missoni
ミッション 5MT
ハンドル LHD
最高出力 最高出力:185ps/5300rpm 最大トルク:31.0kgm/3500rpm
サイズ 3900mm×1695mm×1380mm
乗車定員 5人

日本におけるランチア・デルタといえば、ガレーヂ伊太利屋といっても過言ではありません。デルタは1987年から1992年までWRC史上初となる6連覇を果たし、日本でもブームを巻き起こしたクルマです。新車当時はガレーヂ伊太利屋のショールーム前に行列ができていたほどです。

 

HF 4WDとインテグラーレ8VはEVOと比べると大分落ち着いた見た目をしており、同じくジウジアーロによるスタイリングのVWゴルフと変わらないコンパクトなファミリーモデルといった印象を受けます。しかし、その見た目とは打って変わって、ラリー仕込みの機関がその性能を遺憾なく発揮します。インテグラーレで進化したものは、まずボディで前後フェンダーが大きく張り出していることです。これにより、トレッドが前1409mmから1426mm、後1404mmから1406mmへと拡大し、サスペンションのアーム類も変更されています。

 

エンジンはランチア・テーマieターボの2L DOHCターボを搭載したもので、ターボコントロールは、フルスロットル時、数秒間ブースト圧が高められるオーバーシュートシステムを持つギャレットエアリサーチのターボになっており、最高出力は165psから185ps、最大トルクは29.0kgmから31.0kgmへとパワーアップしています。メーカー発表値は最高速度215km/h、0~100km/h加速6.6秒、0~1000m27.1秒です。4WDシステムは先モデルと基本的に同じで、ファーガソン・ビスカスとトーセンディフにより前56、後44に配分され、常に路面をホールドしている感覚と安心感を与えてくれます。

 

EVOにはEVOの魅力、乗り易さがありますが、インテグラーレ8Vは残っている個体も少なくトルクこそ十分とはいえませんがユニークなフィーリングを味わうことができます。さらに、当車両は元ランチア所属ドライバー、ワールドチャンピオンシップ2連覇 ミキ・ビアジオン氏所有車です。エンジン、ミッション、足回りの分解レストアをおこない、ボディはオリジナルカラーでリペイントされています。ビアジオン氏はプライベートでの使用から、ラリーイベントでもこのデルタを楽しんでいました。ビアンコのボディに映えるミッソーニのシートも見事です。外装のエンブレムには多少経年劣化が見られますが、内装に至ってはプラスチック類の割れもありません。ここまで内外装共にコンディションの良い8Vは世界中を探してもなかなか巡り合えないでしょう。フロアマットはmiki biasionのデザインです。

 

・サンルーフ付き

・国内未登録につき予備検査が必要となります。(検査費用は車両本体価格に含みます)

・ETCやBluetooth等の電子機器は付属していません。ご希望によって別途取り付けとなります。

このページをプリント