tel

メールマガジン配信について

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報を定期的にお届けします。
メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

ガレージ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



tel

フィアットアバルト 595

POA(応談) (税込).

 POA(応談) (税込)
年式 走行距離 車検 排気量
1968 不明 令和4年10月 594cc
km 年月 cc
ボディカラー ビアンコ ハンドル LHD サイズ 3050×1300×1310mm
内装 ロッソ 最高出力 27hp 乗車定員 4人
ミッション 4MT      
年式 走行距離 車検 排気量
1968 不明 令和4年10月 594cc
km 年月 cc
ボディカラー ビアンコ
内装 ロッソ
ミッション 4MT
ハンドル LHD
最高出力 27hp
サイズ 3050×1300×1310mm
乗車定員 4人

オーストリア出身のエンジニア カルロ・アバルトは、1948年にチシタリアを退社後、イタリア自動車産業の本場であるトリノで独立しました。インダクションシステムやエキゾーストシステムの製造からスタートしたアバルトは、フィアットを中心とした市販車用のパフォーマンスキットを販売し、その後、空力特性に優れたスポーツプロトタイプや限定生産の市販車シリーズで大成功を収めました。

 

1963年夏、カルロ・アバルトは、”誰もが手に入れられるスポーツカーを作る “という決意に燃えていました。大衆車として成功していたフィアット500をベースにアバルトマジックをかけ小さなロケットに仕立て上げたのです。595は、オリジナルの500と比較してみると外観こそよく似ていますが、その差は見た目の下にあります。

 

アバルトは、どんなパッケージにも適切なメカニカルアップグレードを施すことを得意としており、595もその期待を裏切らないものでした。シリンダーには特殊な鋳造が施され、エキゾーストポートやマニホールドパイプには磨きがかけられています。バルブスプリングも新しいものが使われ、カムシャフトも改良され、エンジン回転数の向上とそれに伴う出力アップが図られています。ピストンも専用設計のものが装着され、ロッドやクランクシャフト、潤滑システムも改良され、サンプの底に配置されたギア駆動の高出力ポンプを採用。これらの機械的な改良により、小さな500のパワーがは大幅にアップし、中速域のトルクも大きく伸びました。最高速度はといえば、120km/hにも達するほどに。ローダウンサスペンションとワイドなホイール&タイヤが、ホットなフィアットをコーナーで安定させてくれます。レースシーンでの使用を前提とした高性能モデル“エッセエッセ”もすぐに登場しました。

 

こちらのフィアットアバルト595は500Lをベースとしたスタンダードモデルですが、“アバルト仕様”ではなく正真正銘、アバルトによるマジックがかけられている一台です(証明書あり)。そのほとんどをイタリアで過ごしてきた一台で、日本の道路歴はまだ数年、オーナーも1人です。無論、大人が4人乗るには狭いですが、2人でのショッピング、1人で趣味仲間とツーリング、晴れた日のちょっとしたドライブなど用途は様々。595ですので現代の交通環境においても他の車に置いていかれることなく、安心してお乗りいただけるでしょう。

このページをプリント