tel

メールマガジン配信について

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報を定期的にお届けします。
メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

ガレージ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



tel

フィアット ヌオーバ500D

売却済 (税込).

 売却済 (税込)
年式 走行距離 車検 排気量
1964
km 年月 cc
ボディカラー ハンドル サイズ
内装 最高出力 乗車定員
ミッション      
年式 走行距離 車検 排気量
1964
km 年月 cc
ボディカラー
内装
ミッション
ハンドル
最高出力
サイズ
乗車定員

このクルマは『CAR MAGAZINE 』で連載されていた「FIAT 500D レストア記」のベースとなった車輛そのものです。連載の直前に、あるご婦人から「程度の良い500を探して頂きたい」というお電話を頂きました。お客様に500Dを題材に雑誌の連載が始まる旨と、「今なら、ご希望の内外装色にお応えできます」とご案内したところ、ご購入して頂くこととなりました。購入のポイントは、やはり後ろヒンジのドアとの事でした。初期モデルの500と比べると、ヘッドランプ下に移されたウインカーと丸形サイドマーカー、大型のテールランプが特徴になります。

 

またフロアパンを改良して後席のレッグスペースを拡大するなのどの多くの改良をしました。ボディカラーの「ブルースクーロ」は当時の純正色としてカタログに載っていました。どこを見てもピカピカですが、いかにもレストアしました感は無く、あえて申し上げるならば、「昨日、工場からでてきました!」という自然体です。

このページをプリント