tel

メールマガジン配信について

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報を定期的にお届けします。
メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

ガレージ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



tel

フィアット 850 ベルリーナ

POA(応談) (税込).

 POA(応談) (税込)
年式 走行距離 車検 排気量
1967 令和4年8月26日 843cc
km 年月 cc
ボディカラー ビアンコ ハンドル LHD サイズ 3540×1420×1370mm
内装 ネロ 最高出力 乗車定員 4人
ミッション 4MT      
年式 走行距離 車検 排気量
1967 令和4年8月26日 843cc
km 年月 cc
ボディカラー ビアンコ
内装 ネロ
ミッション 4MT
ハンドル LHD
最高出力
サイズ 3540×1420×1370mm
乗車定員 4人

◇ 1967年 フィアット 850 ベルリーナ

小さくクラシックなフィアットといえば、まず500、そして600を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかし、230万台の生産台数を誇るフィアット850もまた、大きなサクセスストーリーでした。フィアット850は、フィアット600をより大きく、より豪華にした兄弟車といえます。ベルリーナ、クーペ、スパイダーのほか、バンというバリエーションが用意されていました。その中でもベルリーナが最も人気がありました。人々は太陽と海と砂を求めて850を走らせました。そのトランクにはテーブルクロスとピクニックバスケット・・・、バスケットの中にはサンドイッチ、コーヒー、レモネード。そんな使われ方がよく似合う車です。

 

850は標準では34馬力または37馬力と控えめでしたが、1968年に登場した850スペシャルは47馬力のパワーを誇りました。そのパワーの源はリアに搭載された水冷4気筒直列エンジンで、容量は843ccとなっています。また、850は初心者にぴったりのクラシックカーといえます。現代の交通環境の中でも問題なく元気に走ってくれるとても乗り易い車で、純粋なドライビングプレジャーを楽しめるにもかかわらず、価格は手ごろで交換部品を入手することも難しくありません。前期型のためフロントはドラムブレーキです。

 

こちらの販売車両は過去にエンジン分解オーバーホールをおこなっており、同時にフューエルポンプの追加、エンジン冷却ファン(温度上昇時にサーモスタットにより作動)が増設されています。このまま乗っても楽しく、またサソリ系の毒を注入する(パーツ少ないですが)楽しみ方も出来ます。リアエンジンカウルの左右エアルーバー上に雨天時に装着するフェアリングもきちんと揃っています。850とのカーライフをお楽しみください。

このページをプリント