tel

メールマガジン配信について

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報を定期的にお届けします。
メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

ガレージ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



tel

マセラティ クーペGT

売約済 (税込).

 売約済 (税込)
年式 走行距離 車検 排気量
2006 6,300km 令和5年12月24日 4240cc
km 年月 cc
ボディカラー ARGENTO LUNA ハンドル LHD サイズ 4525×1825×1305mm
内装 Beige × Blu 最高出力 最高出力390ps 最大トルク46.0kgm 乗車定員 4人
ミッション 6MT      
年式 走行距離 車検 排気量
2006 6,300km 令和5年12月24日 4240cc
km 年月 cc
ボディカラー ARGENTO LUNA
内装 Beige × Blu
ミッション 6MT
ハンドル LHD
最高出力 最高出力390ps 最大トルク46.0kgm
サイズ 4525×1825×1305mm
乗車定員 4人

1997年にフェラーリの傘下となったマセラティが翌1998年に発表したスポーツクーペが「3200GT」。その後継モデルとして2002年に発表されたものが「クーペ」です。この手のクルマはクーペが先に登場し、スパイダーが後から登場することが多いですが、マセラティクーペに関しては2001年に3200GTを改良したスパイダーが登場、これをベースにしたクーペが登場という順番でデビューを飾りました。車名は単純に“クーペ”ですが、6速MT仕様は「GT」、6速セミAT仕様は「カンビオコルサ」というサブネームで呼ばれます。カンビオコルサとはイタリア語で「レース用トランスミッション」という意味です。当販売車両のトランスミッションは6MTが選択されており、トランスアクスル方式でリア側に搭載されています。

 

3200GTを進化させた流麗なスタイリングは、ジウジアーロが率いるイタルデザインによるもの。クラシカルな雰囲気も漂わせながらエレガントでもあり、いかにも“イタリアの伊達”といった美しさが際立っています。インテリアもシートをはじめダッシュボードにまで上質の本革がふんだんに用いられています。無機質で機能を重視したものではなく、乗るたびに気分を高揚させてくれ、「今日はどこまで走ろうか」などと思わせてくれるでしょう。

 

パワーユニットは、3200GTのV型8気筒3217ccから、フェラーリ由来の4240ccL V8 DOHC に換装され、(明確には搭載されているクランクシャフトに相違があり、フェラーリは「シングルプレーン」、マセラティは「ダブルプレーン」)となります。最高出力は390ps、最大トルクは46.0kgmを発生。3200GTより最高出力は20psアップ、最大トルクはノンターボゆえ4.0kgmダウンとなっていますが、排気量拡大によりより扱いやすいトルクと乗り心地となっています。

 

当販売車両は2006年にコーンズより新車で販売された一台です。見る角度によって顔を変えるARGENTO LUNAのボディに思わず見入ってしまいます。そして、気品漂うベージュの内装に包まれながらその心臓を動かすと、4240ccのエンジンは迫力のある音と共に目覚めます。6大排気量V8の持つトルクを生かして1500回転からでも余裕で加速。そして4000回転から7000回転までは一気に上昇し、最高速度285km/hの世界へと導いてくれます。しかし、フェラーリエンジン独特のフィーリングを持ちつつも、6000回転まで回してもエンジン音が室内に入ってきません。マセラティクーペは正に、エレガントなスタイルと強烈なエンジンを持ち合わせた、“大人のための”GTカーなのです。6MTなので純粋にドライビングを楽しむこともできるというのも大きな魅力です。

 

※日本語取扱い説明書付き

このページをプリント


同じメーカーの販売車両

関連アイテムはまだありません。