tel

メールマガジン配信について

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報を定期的にお届けします。
メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

ガレージ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



tel

マセラティ メラクSS

売却済 (税込).

 売却済 (税込)
年式 走行距離 車検 排気量
1983 20050km なし 2965cc
km 年月 cc
ボディカラー ROSSO FUOCO ハンドル LHD サイズ 433×176×113cm
内装 ネロレザー 最高出力 220PS/6,500rpm 乗車定員 2人
ミッション 5MT      
年式 走行距離 車検 排気量
1983 20050km なし 2965cc
km 年月 cc
ボディカラー ROSSO FUOCO
内装 ネロレザー
ミッション 5MT
ハンドル LHD
最高出力 220PS/6,500rpm
サイズ 433×176×113cm
乗車定員 2人

マセラティのロングセラースーパーカー、メラクは1972年に発表されました。ボーラをベースに当時のマセラティの親会社であるシトロエンと共同開発され、ボディデザインはボーラと同じジョルジット・ジウジアーロが描きました。大半のボディパネルをボーラと共有しており、特異なサイドウインドウの形状から、全体としてはグラマラスな丸みを帯びたスタイルとしながらも、ウエッジのイメージを与えようとしていることがわかります。ミドシップに搭載されたエンジンからの熱気対策としてエンジンフードを露出させてノッチバックスタイルとし、ファストバックのリアピラーを模した「フライング・バットレス」と呼ばれるデザインを採用しました。メラクは2+2の4人乗りと認識されていますが、後席はあくまでもオケージョナルシート扱いであり、車検証の乗車定員は2人となります。

 

SSのエンジンはマセラティがシトロエンSM用に開発した3L DOHC V6の圧縮比などを上げて (220PS/6,500rpm28kgm/4,400rpm) を発生します。シャシーはスチール製モノコックとマルチチューブラーフレームの組み合わせとなります。また、シトロエンとの業務提携が終了してからのモデルですので、メラクではヘッドライトやブレーキに採用されていたハイドロ機構はSSでは装備されていません。

 

こちらのボーラインパネを持つメラクSSはマセラティ社に在庫車として残っていた最後のメラクSSを昭和59年(1984年)にガレーヂ伊太利屋が輸入した車輌です。弊社が日本へ輸入してからというもの、日本の1ファミリーで大切に所有されてきた一台で、全体的なコンデションも良好、外装色もオリジナル塗装をキープしております。(弊社メンテナンス車)1988年5月号の『CAR GRAPHIC』では試乗レポートに使用されているので、記憶にある方も多いかもしれません。ショールーム展示の前に、フルリフレッシュでホイール脱着洗浄(ワックス&コーティング含む)、シャシー裏洗浄、エンジンルームクリーニング、ボディ研磨、ワックス、コーティング、インテリアクリーニング、外装パーツ類取り外し洗浄おこなっております。ぜひ一度現車をご覧いただきたい一台です。分かる人には分かるツウなメラク、V6の2+2マセラティだからこそ、と楽しんでいただける方に受け継いでもらえればと思っております。世界的に見ても、ここまで綺麗にオリジナルコンディションを保っているメラクとはなかなか出会えないでしょう。愛されてきた車なのだと一目でわかります。

 

このページをプリント