tel

メールマガジン配信について

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報を定期的にお届けします。
メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

ガレージ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



tel

モレッティ クーペ 500S

売却済 (税込).

 売却済 (税込)
年式 走行距離 車検 排気量
1966 500cc
km 年月 cc
ボディカラー ハンドル サイズ
内装 最高出力 乗車定員
ミッション 4MT      
年式 走行距離 車検 排気量
1966 500cc
km 年月 cc
ボディカラー
内装
ミッション 4MT
ハンドル
最高出力
サイズ
乗車定員

モレッティは、1923 ジョバンニ モレッティにより、トリノのマントヴァ通り38番地において、ファブリカ・アウトモビリ・モレッティSpAとして創業しました。レッジオ・エミリア地方に生まれたジョバンニは、少年時代に自動車工業都市トリノへ転居した程、クルマに高い関心を持っていました。自動車製造以前は、オートバイの製造も行なっていました。モレッティとフィアットの創業者ジャンニ・アニエッリの友情のおかげでモレッティはフィアットとの間でフィアット車のシャーシを利用した特製/少量生産モデルの製造に関して好意的な契約を引き出すことができ、フィアット社の特装車輛の製造も多く請け負っていました。

 

また、様々なスポーティな外観のクーペやセダンが1960年代末から1970年代初めにかけて製造をおこなっており、今回、入庫したクーペ 500Sも当時人気の高かったモデルの1台です。エンジンはフィアット500と同様、500ccエンジンがリアに搭載されているRR駆動となります。そのおかげでフロントにトランクを配置するレイアウトをとることが出来ました。燃料タンク及びスペアタイヤもご覧のとおりシンプルに搭載されています。フロントのイエロー・フォグランプもさりげなくきまっています。1967年までの総生産台数は、約50台といわれています。

このページをプリント