tel

メールマガジン配信について

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報を定期的にお届けします。
メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

ガレージ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



tel

ランチア ハイエナ ザガート

売却済 (税込).

 売却済 (税込)
年式 走行距離 車検 排気量
km 年月 cc
ボディカラー ハンドル サイズ
内装 最高出力 乗車定員
ミッション      
年式 走行距離 車検 排気量
km 年月 cc
ボディカラー
内装
ミッション
ハンドル
最高出力
サイズ
乗車定員

日本では珍しいハイエナです。ハイエナは1992年、ザガート生誕75周年を記念して75台の製作予定として発表されましたが、内装の総カーボンというパートに技術・コスト共に困難を極め、各文献を確認しても総生産台数は不明であり、23~25台というのが通説となっています。

日本国内では1992年にザガート・ジャパンの手により10~20台(車両本体価格1580万円)の日本仕様の輸入をおこなうとのアナウンスでしたが、実際は数台のみの輸入と言われています。因みにこの時期に輸入予定となっていた155ザガートやRZ等も全て数台の輸入のみで終了しました。ハイエナ(イタリア語ではイエナ)はオランダの実業家ポール・コトーと、前衛芸術家ナーニ・テデスキの描いたスケッチを基に、ザガートのマネージメントによって生み出されました。

ボディはデルタ・エボルツィオーネのプラットフォームを流用し、ボンネットフード、前後バンパーはFRP、その他はオールアルミ製となり、内装はAピラーはじめフルカーボン製です。カーボンはパリのMOC社製を使用し、デルタと比較して約150Kgという軽量化に貢献しています。ドアパネルが1500g、ダッシュボードが2500g(デルタは17Kg)、ルーフトリムが1180g、フロアトンネルが400gに(デルタは17Kg)、ルーフトリムが1180g、フロアトンネルが400gに過ぎません。

パワーユニットはデルタ・インテグラ―レのエンジンを。点火及びインジェクション・タイミング、フェーエル・プレッシャー、ターボ・プレッシャーを変更。馬力は210psから250psまでスープアップを行いました。

実車のボディカラーはモンツァレッドですが、他にザガート・グリーン、フライ・イエロー、サラトガ・ホワイト、ベネツィアブルー、ブラックの計6色が設定されました。プロト・ティーポではメーターパネルはブラック盤、シートはアルカンタラ仕様でしたが、実車のメーターパネルはホワイト、シートはオールブラック レザーとなっています。プロト・ティーポのホイールはスピードラインを装着していましたが、実車はOZの5スポークを装着されており、エヴォⅡの純正ホイールを装着している個体も存在します。

また、エンドマフラーはRAGAZZONに変更されており、ドアのアウターハンドルは他車とは形状が違い、簡易な形状なパーツ(60年代のGTAのようなプッシュボタン式・ノブはU字型)に変更されいます。これは、ファーストオーナーが発注時に特別オーダーされ、1台のみ製作されました。

このページをプリント