tel

メールマガジン配信中!

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報をお届けします。(不定期)メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

ガレージ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



tel

ランチア フルビア クーペ

ASK (税込).

 ASK (税込)
年式 走行距離 車検 排気量
1966 不明 令和4年12月24日 1216cc
km 年月 cc
ボディカラー ロッソ ハンドル LHD サイズ 3975×1555×1300mm
内装 タンビニールレザー 最高出力 80hp 乗車定員 4人
ミッション 4MT      
年式 走行距離 車検 排気量
1966 不明 令和4年12月24日 1216cc
km 年月 cc
ボディカラー ロッソ
内装 タンビニールレザー
ミッション 4MT
ハンドル LHD
最高出力 80hp
サイズ 3975×1555×1300mm
乗車定員 4人

1965年に発表されたフルビアクーペは1963年デビューのフルビアベルリーナから派生したモデルです。フルビアの特徴的である狭角13度 V4 エンジンはクーペで1.2リッターへの拡大されました。エンジン、サスペンション、トランスミッション、ブレーキ等をベルリーナと共用しながらも流麗でレーシーな雰囲気を持つエレガントなスポーツクーペとして仕上げられており、今もなおファンが多いモデルのひとつです。装着されていたダンロップ製ディスクブレーキは当時とても斬新な装備で、信頼性も高いものでした。実用性も高く人気を誇り、1965年から67年の間で13万台以上が生産されました。その後、高性能モデルのHFといったバリエーションも登場し、モンテカルトやサファリといった過酷な場でも活躍しています。

 

そして、ラリーで勇姿を見せてくれたフルビアのベースとなったモデルが当販売車両の1.2です。80hpを発揮し、現代においても街を走る分には十分なパワーを持ち合わせます。個性的なドライビングフィールだけでなく、ランチアらしい室内空間の贅沢な雰囲気も特徴です。当車両は、日本国内でのイベント参加に備え、この車が持つ本来のパワーが発揮されるよう整備されてきています。機関系だけでなく、内外装もコンデション良好。張りのあるシートは新車時の雰囲気を味わえるでしょう。イベントはもちろんのこと、日常使いもできるクラシックモデルとしていかがでしょうか。女性ドライバーのファーストクラシックカーにもおすすめです。

 

※社外アルミホイール4本付き

※ETC付き

このページをプリント