tel

メールマガジン配信について

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報を定期的にお届けします。
メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

ガレージ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



tel

ランチア フルビア ラリー 1.3S

売却済 (税込).

 売却済 (税込)
年式 走行距離 車検 排気量
1969 2022/5 1,290
km 年月 cc
ボディカラー ブルーメンドゥ―サ ハンドル LHD サイズ 3930×1570×1280mm
内装 ベージュモケット 最高出力 92ps/6000rpm(DIN) 乗車定員 4人
ミッション      
年式 走行距離 車検 排気量
1969 2022/5 1,290
km 年月 cc
ボディカラー ブルーメンドゥ―サ
内装 ベージュモケット
ミッション
ハンドル LHD
最高出力 92ps/6000rpm(DIN)
サイズ 3930×1570×1280mm
乗車定員 4人

久しぶりにフルビアが入庫しました、 アドリアブルーの1.3Sをご案内させて頂きます。エンジンは 狭角4気DOHC1300cc(92PS)をFWDで駆動。当時装着されていた、ダンロップ製ディスクブレーキはとても斬新な装備でした。後年、このコンパクトなボディとFWDを武器としてHFに進化していき、チェザーレ・フィオリオ率いるワークスチーム「HF スクアドラ・コルセ」の手に委ねられて、1971年にはヨーロッパ・チャンピオンを獲得しました。フルビア市場の現在は、イタリアにおいても「HF仕様」などにリメイクされている車輛が多く、現車のように、スタンダードな状態のストラダーレ仕様の台数は極端に少なくなっています。1.3Sのエンジンはスタンダード仕様の87psから92psへUPしています。ステンレス製の前後バンパー、モール類も良好です。上質なシートデザインや、メーターパネルには妥協を許さないランチアのアイデンティティがとてもよく表現されています。上質なベージュ・ファブリックの内装の状態も見事に良好な状態をキープしています。純正工具のレンチにも刻印されている「LANCIA」の文字にも拘りが伝わってきます。

このページをプリント