2021.05.18
現代版 ランチア デルタ!”Futurista”の製作現場を少しご紹介①

イタリア人ラリードライバー Eugenio Amosが立ち上げた、Automobili Amos。伝説に残るラリーカーと聞けば思いつく、ランチア デルタを現代へと再解釈した“Futurista”を2018年に発表したことで知られます。デルタ インテグラーレ 16Vをベースにしながらも、2ドアボディになっている点が見た目における最大の違いです。軽量化のためエクステリア、インテリアに多用されたカーボンも大きなポイントです。エンジンは基本的にオリジナルを踏襲していますが、チューンナップによって330psまで引き上げられています。「アイコン的存在であるデルタをこれからも継承していきたい」というEugenio氏の強い想いからプロジェクトは実現し、世界中のデルタファンから注目を集めました。

 

 

デルタと共に成長してきたといっても過言ではないガレーヂ伊太利屋にとって、このような取り組みは嬉しいものです。ガレーヂ伊太利屋でも、デルタファンのお客様からFuturistaのご購入希望をいただき、一台発注し現在絶賛!製作中です。#12の車両になるので、まだ少しかかりますが(現在#10まで完成)順調に進んでいます。

 

 

ボディカラーは完成までのお楽しみ・・・ですが相談を重ねボディ、インテリアの仕様決めをおこないました。「日本向けなら!」ということでAmosチームが考えてくれた組み合わせになっています。ちなみに、一度作ったカラーのFuturistaは製作しないという決まりがあるので、すべてのFuturistaが世界で一台です。

 

いずれはるばる日本へやってくる#12は現在、ドナーカーの解体、シャシーチェック、塗装剥離、各パーツの最小許容差を測るためのボディの3Dスキャン、ボディのリペア、1000回以上の溶接による補強が施されました。ロールバーも溶接の時点で追加されています。これらの工程を進めている間にパーツ類の修理/再生産がおこなわれています。ここまでが段階としてはステージ5なので、次はステージ6に進んでいきます。

 

 

 

また、進展があり次第こちらでレポートしていくのでお楽しみに!

2021.06.18
ランチア 115周年記念をビデオシリーズでお祝い
ランチアは、11月27日に祝われる115年の歴史を、「Elegance on the move」と題されシリーズ化されたビデオとともに祝うことを発表しました。ランチア社の最高経営責任者であるルカ・ナポリターノ氏とゲストが […]
2021.06.15
DEFENDER 90 入荷しました。
  左:ディフェンダー 90  右:ディフェンダー 110S   早くもショートボディの「ディフェンダー 90」が入荷いたしました。 今ならロングボディの「ディフェンダー 110S」との比較も可能です […]
2021.06.15
「世界一美しいレース」ミッレ ミリアが今年もスタート
エンツォ・フェラーリが「世界で最も美しいレース」と称したことで有名なレース ミッレミリアが、6月16日にブレシアでスタートを切ります。今年のミッレミリアには、357台の貴重なビンテージカーが参加します。2021年は「Cr […]
2021.06.11
お気に入りの一台は? 今買えるイタリアンクラシック
現在ガレーヂ伊太利屋クラシケで購入可能なイタリアンクラシックを一挙ご紹介!お気に入りの一台は?   隠れホットハッチ! アルファロメオ 1600 ジュニア ザガート カロッツェリア・ザガートによる広いグラスエリ […]
2021.06.05
トゥインゴGT 入荷しました。
トゥインゴのホットバージョン「トゥインゴGT」 0.9リットルターボはノーマルの90psから109psへと出力が向上し、ルノースポールによってシャシーセッティングが行われたスペシャルモデルです。 詳しくはこちら

現代モデル

クラシック

ガレイタの買取り

メインテナンス

パーツセンター

ショッピング&ガレージセール