メールマガジン配信サービスについて

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報を定期的にお届けします。
メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

ガレージ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



2021.06.18
ランチア 115周年記念をビデオシリーズでお祝い

ランチアは、11月27日に祝われる115年の歴史を、「Elegance on the move」と題されシリーズ化されたビデオとともに祝うことを発表しました。ランチア社の最高経営責任者であるルカ・ナポリターノ氏とゲストが、世界中で何百万人にも愛されるブランドの物語を語ります。

 

ルカ・ナポリターノ氏は、「ランチアが世界中に多くのファンを持つのは、そのユニークなスタイルと、車のエレガンスと時代を超越した美しさがあってこそです。ランチアは115年の歴史の中で、時を経ても人々の心に残る車を生み出してきました。ヴィンチェンツォ・ランチアは、自動車のあるべき姿について、非常に個人的な考えを持っていました。それは、当時の技術やスタイルの概念を壊す、機敏でコンパクトなものでした」と話しています。

 

この旅の第1章「タイムレスデザイン」では、ルカ・ナポリターノとステランティスチーフデザインオフィサーのジャン=ピエール・プルエが、この道のりのマイルストーンを共同で辿ります。例えば「12HP」は、1907年に発表された史上初のモデルであり、当時はまだ誰もがチェーンを使っていた時代に、ドライブシャフトを装備した低床式の超軽量シャシーを備えた車でした。

 

 

その後、ランチアブランドをパイオニアにした技術革新は続いていきます。1930年代に特許を取得した、センターピラーのないワードローブのようなドア開閉機構は、後に続く革新的な技術の先駆けとなりました。また、大量生産のコンパクトカーに空気力学を応用するという、並外れたアイデアに基づいて設計されたアプリリアもそうです。

 

 

ランチアの歴史において象徴的なアウレリアB24スパイダーは、完璧なラインを崩さないよう余計なものを一切排除したラインが特徴的です。それからランチアは、フェラーリのエンジンを搭載したテマ8.32、格調高い革張りの内装、無垢材のみで作られたダッシュボードなど、明らかにイタリアンスタイルの象徴になる要素を取り入れていきました。

 

 

ジャン=ピエール・プルエは、「ランチアはクラシックなエレガンス、創造性、情熱のユニークな組み合わせである『イタリアンスタイル』を体現しています。私は一人のフランス人デザイナーとして、ランチアによってイタリアンスタイルとは何か、そして車のデザインとは何かという新しい視点を与えられた者として、このように述べています。ランチアは、洗練されたデザインの車を作る方法を知っていますが、それは単なるクリエイティブな気まぐれの結果ではありません」と述べています。

 

チャプター1はこちらよりご覧ください。

余分なものを取り除いて、形と内容の純粋さの中に美しさを見出すことができるということこそが、ランチアが残したスタイルの教訓であり、ブランドの未来に向けたインスピレーションの源となるものなのです。この物語は、ランチアが今後公開していくシリーズに続いていきます。

現代モデル

クラシック

ガレイタの買取り

メインテナンス

パーツセンター

ショッピング&ガレージセール