メールマガジン配信について

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報を定期的にお届けします。
メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

           

ガレーヂ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



2022.01.27
ランチア ラムダ 100周年記念

100年前、1人のイタリア人エンジニアが自動車の世界を一変させました。その人物はヴィンチェンツォ・ランチャ。 そして、そのクルマとはランチア・ラムダ。1881年、ピエモンテのフォベッロ村に生まれたヴィンチェンツォは、自動車革命のパイオニアとなりました。自由な発想で問題を解決していくランチアは、自動車革命の精神を完璧に体現していたのです。彼の技術的な力作、ランチア・ラムダがデビューしたのは 1922年のパリモーターショーでした。ランチアは傑作を生み出し、現代のモータースポーツの世界への扉を開くことに。その後10年間で、1万3,000台のラムダが生産されました。イタリアの偉大な自動車王朝のひとつを築いたにもかかわらずランチアは謎めいた存在で、その功績はあまり知られていません。しかし、2022年で記念すべきラムダ100周年を迎え、ランチア一族とランチアコミュニティの全面的な協力のもと、イタリアのベルリネッタフィルム社がドキュメンタリービデオを制作中とのこと。

 

 

 

このビデオは、ヴィンチェンツォ・ランチャの人生と歴史的に重要な自動車について、これまでで最も包括的に研究された作品となります。これまで未公開だったアーカイブにより、試作車をテストした峠、車を製造したトリノの街まで、彼が生きた証を再び見ることができます。また、現存する車両やランチアと仕事をしたカロッツェリア、専門家、エンジニアリング会社にも取材をおこなっており時代背景や歴史的事実もしっかりと収録。現在は寄付を募りながら、より良いものにできるよう日々制作中だそうです。

 

 

また、9月にはトリノをスタートするラムダラリーの開催も予定されています。100台のラムダを集めることを目標として参加者を募っているそうで、実現したときの光景は想像しただけでも圧巻!新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、実施可否には不安が残りますが今から楽しみですね。

 

改めてラムダをじっくり見たい方はこちらの車両をご覧ください。走行ビデオもありますので、パイオニアとなったラムダを改めて堪能できます。ランチア ラムダ S7 | Garage伊太利屋 (garage-italya.co.jp)

現代モデル

クラシック

ガレイタの買取り

メインテナンス

パーツセンター

     

ショッピング&ガレーヂセール