2021.05.01
知られざるランチアの名スポーツカー

あまり知られないランチアの名車 D24をご紹介。

 

1950年代半ばになると、ランチアはスポーツカーレースとグランプリレースの両方で強さを発揮するようになりました。これは、ヴィンチェンツォ・ランチアの息子であるジャンニが、この時期にランチアのディレクターに就任したことが大きな要因となっています。ジャンニはヴィットリオ・ヤーノにランチアD50 F1カーとスポーツカーレース用のD24を設計させました。

 

ヴィットリオ・ヤーノと少人数のチームは、早くも1952年にD20と呼ばれるランチアの新しいスポーツカーの開発に着手しました。1953年のミッレミリアでは、最初の5台がダークブルーとホワイトのカラーリングで登場。ピニン ファリーナが手がけたクーペボディに、デュアルオーバーヘッドカムシャフトを採用した245bhpのツインスパークV6エンジンを搭載したこのモデルは、アウレリアよりも明らかにスポーティなものでした。ミッレ ミリアでは2台のマシンが総合3位と8位に入賞しています。その後、ル・マンに向けてスーパーチャージャーが装着されましたが、コックピットが高温になったため、スーパーチャージャーは廃止され、車両はスパイダーに切り換えられたのです。D23と名付けられましたが、これはD24までのつなぎとしての存在でした。

 

D24は1953年に発表され、1953年と1954年のシーズンに参戦していました。マルチチューブラーフレームのシャシー、ダブルウィッシュボーン/ド・ディオンサスペンション、トランスアクスルトランスミッション、バルケッタボディという先代の全体的なレイアウトを踏襲しつつ、優美なボディに3,284ccのV6エンジンを搭載。265ps(198kW)を発揮し、最高速度は260km/hに達します。1953年のカレラパナメリカーナでファン・マヌエル・ファンジオが、1954年のミッレ ミリアでアルベルト・アスカリが、1954年のタルガ・フローリオとジーロ・ディ・シチリアでピエロ・タルッフィが、それぞれ総合優勝を果たすという栄光を残しました。こうしてランチアの最も重要なスポーツカーとなったのです。

 

 

 

1955年には、D24はアルゼンチンのペロン大統領に贈られ、ペロン大統領はブルーとイエローのナショナルカラーをまとって国内レースに参戦していました。1980年代にイタリアに返還され、ヴィットリオ・ザノン伯爵によってレストアされました。オリジナルは6台製造されたといわれますが、1955年以降ランチアは残っていた車をスクラップしました。しかし、グイド・ロザーニは、2台のD24エンジン、1台のD25、1台のD20を保存することに成功し、90年代にはファクトリーが正式に認めた4台のレクリエーションモデルを、ロザーニがルチアーノ・バッソの協力を得て製作しました。それから、1台のD25をミュージアムに提供しています。

 

あまり見ることも聞くこともない一台ですが、ランチアが築いてきたユニークな歴史を感じさせられます。

 

 

販売中のランチア

 

ランチア ラムダS7

 

ランチア フルビア スポルト ザガート 1.3S デイトナ仕様

 

ランチア フルビア スポルト ザガート コンペティツオーネ

2021.05.07
真っ赤なアルファロメオ入庫!
ガレイタクラシケにアルファロメオ ジュリア スパイダー ヴェローチェが入庫しました。やはり真っ赤なボディのアルファは強いインパクトがありますね。ブラックのシートにレッドのパイピングというポイントも素敵です。機関系も良好! […]
2021.05.06
希少モデル!ブラック × ゴールド 孤高の存在感を放つアバルト
ブラックとゴールドが圧倒的な存在感を放つ595 スコルピオーネオーロは、1970 年代にアバルトが手掛けたアウトビアンキ A112アバルトの限定車“タルガ オーロ”にオマージュを捧げたものです。 1979 年に 150 […]
2021.05.01
知られざるランチアの名スポーツカー
あまり知られないランチアの名車 D24をご紹介。   1950年代半ばになると、ランチアはスポーツカーレースとグランプリレースの両方で強さを発揮するようになりました。これは、ヴィンチェンツォ・ランチアの息子であ […]
2021.04.30
生産402台のみ!アルファロメオ×ザガートの傑作
弊社クラシケ車輛としておよそ3年前に販売させていただいたジュニアZが戻ってきています。過去にイタリア本国にてボディのフルレストアがおこなわれていますが、国内輸入後、細部の修正及び修理をおこなっております。ダッシュボード脱 […]
2021.04.29
アバルト595 SCORPIONEORO 入荷しました。
漆黒を湛えたボディやホイールにあしらったゴールドの煌めきは、かつてアバルトが手がけた『Autobianchi A112 ABARTH Targa Oro』から 受け継いでいます。 左ハンドルMTは60台とごく僅か。 詳し […]

現代モデル

クラシック

ガレイタの買取り

メインテナンス

パーツセンター

ショッピング&ガレージセール