メールマガジン配信について

はやくおさえておきたい新着車輌、
知っておきたいニュースなどの情報を定期的にお届けします。
メールアドレスをご登録ください。

イタリア車のパーツをお探しの方へ

純正パーツからヴィンテージカーの稀少なパーツにいたるまで、国内外の弊社ネットワークを駆使しお探し致します。



WORLD WIDE
PARTNER

           

ガレーヂ伊太利屋では、培ってきた歴史を活かし、海外のスペシャルショップとも連携しております。本国の職人によるレストアや、特別な車両のご案内が可能です。

Miki Biasion

レストレーション
(ランチア)

Gatti William

電装系スペシャリスト
(イタリア車クラシック)

Bacchelli & Villa

レストレーション
(イタリア車クラシック)



2021.10.12
エレガントなマセラティ 55周年

本日は55周年を迎えたマセラティのお話し。1966年10月6日、第53回「パリ自動車見本市」が開催され、イタリアンGTカーの最高峰といわれるマセラティメキシコがデビューしました。

 

カロッツェリア ヴィニャーレがデザインしたメキシコは、洗練された完璧なラインを持つ美しい車でした。マセラティスタイルのエレガントな2+2クーペであると同時に、パワフルでスポーティなハートを持っていました。そのボンネットの下には、450Sに搭載されたレーシングエンジンのロードバージョンが隠されています。このエンジンは、クアトロポルテ、5000GTに続き採用されたものです。

 

 

 

車名がなぜ“メキシコ”なのか?昔、メキシコ人の顧客が1961年にメキシコのアドルフォ・ロペス・マテオ大統領が所有していたといわれる5000GTアレマーノを購入したのですが、事故を起こして修理のためにモデナに持ち込みました。工場を訪れたその人物が、ヴィニャーレがデザインしたプロトタイプに大きく感銘を受け、どうしても購入したいと言い、そのボディワークを自分の5000GTのシャシーに移植したそうです。このようなことが重なって、将来のモデルに「メキシコ」という名前が付けられたと言われています。

 

 

発売当初は、260馬力の4.2L V8を搭載して最高速度240km/h、290馬力の4.7L V8を搭載して最高速度255km/hを実現しました。本革シート、電動ウィンドウ、木製ダッシュボード、エアコン、サーボアシスト・ベンチレーテッド・フロントディスクブレーキなどを標準装備したメキシコは、スタイルと装備の両方で人々を魅了する存在に。AT、パワーステアリング、ラジオはオプションとして用意されていました。インテリアは「イタリアンスタイルのラウンジ」と表現され、イタリアのアイデンティティとマセラティのトレードマークであるクラフツマンシップが表現された空間に仕上がっています。

 

55年前が経ってもなお、メキシコは卓越したデザインとパワーの象徴であり続けています。

 

 

現代モデル

クラシック

ガレイタの買取り

メインテナンス

パーツセンター

     

ショッピング&ガレーヂセール